「お口ポカン」になっていませんか?ー後編ー

コラム【お口ポカン(後編)】です。
ぜひお読みくださいませ。

(前編をまだ読まれていない方は前編はこちら

 

質問です!

 

このコラムを読んでいるあなたのお口は…
開いている?閉じている?

 

無意識にポカーンとお口が開いている「お口ポカン」は習慣的な口呼吸になり、お口や体にいろいろな悪影響を及ぼします。

 

そこで、お口ポカン予防&改善トレーニングをご紹介します。

 

1:ガラガラうがい・ブクブクうがい

お口に少しお水を入れて、天井を向いて「アーー。」ガラガラと鳴りましたか?
続いて前を向きます。唇をしっかり閉じ、奥歯を噛み合わせてグチュグチュ❗️舌で前歯をトントンと叩くように動かします。

 

2:あいうべ体操

知名度は全国区❗️お口周りの動きをスムーズにし、筋力アップ⤴️そして唾液も増えます🎶
できるだけ大きなお口で、

😃あ~ 😁い~ 😙う~ 😜べ~!(舌を伸ばして)

それぞれ5秒ずつキープ!目指すは1日30回✨

 

3:スポット&飲み込み

リラックスしてる時、舌の位置は「上アゴのくぼみ」が正解。お口ポカンだと下に落ちています。

改善法は舌を意識して上げること。

上アゴに舌全体をペッタリ付けるのがポイント。自然と鼻呼吸になりますよ。

 

4:上唇ストレッチ

お口ポカンの人は、ふだん上唇があまり動いないので、上唇とその上の皮膚が厚くなり伸びなくなっています。ストレッチでほぐしましょう🎵

両手の人差し指を鼻の下に当てて、クルクルクルクル~🌀

鼻の下をつまんで緩めて1・2・1・2

 

大切なのは毎日欠かさず行うこと。日頃からお口ポカンの改善を意識することです。

 

詳しいトレーニング方法は、歯科衛生士に、お気軽にお尋ねください。

関連記事

  1. 10人中8人が知らなかった!?虫歯になりにくい歯磨きのコツ

  2. 【知ってました⁉️砂糖の話】後編…

  3. 電動ハブラシを使うときの注意点

  4. 【酸蝕症】をご存知ですか?〜①知識編〜

  5. 【酸蝕症】をご存知ですか? ~③対処編~

  6. そもそも除菌や消毒ってなに?

PAGE TOP