歯科としてすべきことを徹底し「安心と、痛みの少ない治療を」

1.「感染症対策」の徹底
新型コロナウィルス感染症に対する5つの取り組みを、常時行っております

1.おひとり様ごとに器具を小分け
 ・コップやエプロンは使い捨て ・ハンドピースは患者様ごと交換、滅菌済を使用
2.治療中のエアロゾル対策
 ・口腔外バキュームを使用し、エアロゾルを吸引
3.空気清浄機24H&換気
 ・オゾンエアクリアjs-7000(待合室)
 ・クリアテック空気浄化システム(診療室)
 ・各部屋24時間換気システム
4.アルコール消毒
 ・施設内の患者様の手の触れる場所を定期消毒
5.スタッフの感染防止
 ・マスク、ゴーグル、フェイスシールド、グローブ着用
2.「滅菌消毒」の徹底
目に見えないからこそ、手順、作業、確認を徹底します

以下の歯科医療機器を使うこと、手順の徹底とスタッフの二重三重のチェックを経て、患者様のお口に触れる器具を衛生管理しています。

1.小型高速オートクレーブ(ハンドピースの高速消毒)
2.クアトロケア(インスツルメントの清掃・ケア)
3.ホルホープ(機材の滅菌消毒機器)
4.超音波洗浄機(消毒・滅菌前の洗浄)
5.高圧蒸気滅菌機(高圧・高温の水蒸気消毒機)

機器詳細については、お尋ねいただければご説明いたします。

 

3.「痛みの少ない治療」の徹底
麻酔の2ステップ化により、痛くない治療を目指します

歯科で痛みを感じるのは、麻酔針を刺す痛さと、麻酔の注入の痛みがほとんどです。
痛くない治療を実現するために2ステップに分け、当クリニックでは治療します。

ステップ1  表面麻酔で「刺す痛みを軽減」
注射前に表面麻酔を実施。針が刺さるときに感じる痛みを和らげます。

ステップ2  電動注射器で「圧の痛みを軽減」
コンピューターで麻酔注入の速さと圧力を自動化し、痛みが少なくなります。

患者様を家族のように考え、「聞くこと」「耳を傾けること」を大切にする

私たちならではの取り組みをご紹介します。当クリニックの方針として、患者様も「家族のように」大切に想います。
そのうえで、どんな理想を目指すのかを聞かせていただき、良い方法を一緒に考えることを実践していきます。

1.患者様と共に歩むために
「ありがとうという気持ち」と「良い方法を一緒に考えるという気持ち」を大切に

スタッフの教育・指導をする際に大切にしていることです。「気持ち?」と思われるかもしれませんが、「気持ち」は何より重要です。ここから、すべてを始めます。

ありがとうという気持ちから
・頑張りましたねという「いたわりの心」をもって接する
・患者様をしっかり見る

良い方法を一緒に考えるという気持ちから
・自分の歯をどうしたいかをしっかり聞き、一緒に考える
・相談しやすい、近すぎず離れすぎない距離感を保つ

 

2.お子様と共に歩むために
お子様の歯の事で最初に相談でき、一緒に考える存在を目指します

良い治療を進めていくために、ご両親と治療スタッフの良い関係はかかせません。お子様が一番信頼する人はご両親です。一緒に頑張りますので、よろしくお願いします。

お子様の歯の話をするときの心がけ
・お子様の良かったところ、頑張ったところを必ずお伝えします
・課題があれば、丁寧にご説明します
・表情、手足の動き、言葉以外のニュアンスもしっかりお伝えます
・どんな治療が良いか、ご両親の意向を聞きながら、共に考えます

お子様の歯は、成長の段階でこれから長く付き合います。歯医者に行くことが苦手とならないように、よりよい治療を考えていきますのでどうぞご安心ください。

3.年齢と共に歩むために
いつまでも、健康な歯を。楽しく食べることをサポートしたい。

充実した生活には、健康な歯がかかせません。おいしく食べる事につながり、楽しみが違います。年齢と共に変化する、お口のお悩みに寄り添います。

・いたわりの心をもって、お悩みを伺います
・わかりやすい説明を心がけます
・どうしたら健康な歯を保てるか、一緒に考えます
・患者様の価値観に合わせた、治療を行っていきます

歯に違和感がありますと、食べる楽しみはずいぶんと減ってしまいますし、何より健康にも影響します。私たちは「健康なお口環境」をサポートしたいと思います。



◂ スタッフ紹介

PAGE TOP