「お口ポカン」になっていませんか?ー前編ー

このコラムを読んでいるあなたのお口は閉じていますか?
それとも開いていますか?

 

無意識にポカンとお口が開いている状態を「お口ポカン」と呼びます。

最近では、スマホやゲームの普及、長引くマスク生活により、子供だけでなく大人にも多く見られます。

 

⚠️「お口ポカン」は口呼吸になるために、お口や体に様々な良くない影響があります。

 

虫歯や歯周病になりやすくなったり、唇の荒れ・口臭・喉や鼻の炎症も起こりやすくなったりします。

 

また、お子さんでは歯並びへの悪影響も心配ですし、顔や顎のたるみやシワ、目のクマなど見た目にも影響します。

 

鼻の病気があったり、歯並びによって唇が閉められないなど特別な原因が無く、「習慣的に口が開いている」のでしたらトレーニングで改善できることも多いです。

 

次回のコラムでは、
【お口ポカン改善トレーニング】
をお伝えします。
後編はこちらから

ご興味のある方は、お気軽に歯科医師・歯科衛生士にご相談くださいね。

関連記事

  1. 夜寝る前に子どもにさせる歯磨き、3つの注意点

  2. そもそも除菌や消毒ってなに?

  3. 【酸蝕症】をご存知ですか?〜①知識編〜

  4. 【知ってました⁉️砂糖の話】前編…

  5. 【酸蝕症】をご存知ですか?~②原因編~

  6. 虫歯になりにくい子どもの歯磨きのポイント

PAGE TOP