そもそも除菌や消毒ってなに?

最近消毒や除菌と言った言葉をよく聞くようになりましたよね。
でも除菌、消毒、殺菌って全部違いがあるのを知っていましたか?

そこで、その違いを書いていきたいと思います。

まず、

除菌とは?
簡単に言うと菌を取り除くこと!
菌を殺す能力は無いけれど取り除くことは出来ると言う感じですね。

消毒とは?
人体に有害な物質を除去または無害化することをいいます。
害のない程度に抑えた物で、全ての菌を殺すわけではありません。
多少は無害化します。

殺菌とは?
文字通り菌を殺すことですね
でも注意したいのが1%の菌を殺して
99%が残っている状態でも「殺菌した」と言えたり
特定の菌にだけ効果があっても殺菌と言えてしまうことです。

滅菌とは
すべての菌を死滅させるか、除去することをいいます。
これには「菌や微生物ウイルスなどの残量が100万分の1になること」という定義があります。

 

これらの言葉を同じような意味で捉えている方も多いかと思いますが、どれも違う意味があります。

当院では治療器具の洗浄・消毒を行ったあと、その器具を高圧蒸気滅菌器やホルホープ(ホルマリンガス滅菌器)で滅菌しています。

今後も患者様に安心して治療を受けていただけるようしっかり感染予防対策を行いたいと思います。

皆様もまずは、手洗い・うがいを忘れずに必ず行いましょう☆

関連記事

  1. 「お口ポカン」になっていませんか?ー前編ー

  2. 電動ハブラシを使うときの注意点

  3. 【酸蝕症】をご存知ですか? ~③対処編~

  4. 10人中8人が知らなかった!?虫歯になりにくい歯磨きのコツ

  5. 【知ってました⁉️砂糖の話】前編…

  6. 【知ってました⁉️砂糖の話】後編…

PAGE TOP