食いしばりとスポーツとマウスピース


節分が終わり暦の上では春に向かいますが、
まだまだ寒く関東では雪も降りましたね。
鶴見区諸口のよしだ歯科クリニック
院長の吉田です。

今回のコラムは
「食いしばり」について
お話してみたいと思います。

突然ですが皆さまは普段
スポーツはされますか?  
「最近はしていないな~」
「子どもがスポーツクラブに入っている」
など、ちょっと縁遠い方もいるかと思います。

今回のお話は、
ご自身が健康維持に筋トレを始めた方、
お子さんやお孫さんがスポーツしている方には
お役に立つ情報かと思います。

人はぐっと力を入れるとき
歯を強くかみしめます。
この状態を「食いしばり 」とも言います。

例えば野球では、バッターが球を打つときに
強く歯を食いしばることがあります。
この食いしばりで、より強く力を
引き出す事ができるのです。
プロ野球選手も最近ではマウスピースを
使用しパフォーマンスアップを狙ったりなど
認知が広がっていますね。

そのほか、ボクシングは元より
空手やキックボクシングなどの格闘技、
ラグビー、ラクロスなどの
コンタクトスポーツなどでも
マウスピースは使われています。

このマウスピースは
食いしばって力を入れるためだけではなく
激しくぶつかったりすることで
歯が欠けたり割れたりすることを防ぎ
ガードする役目もあります。

歯は一度破損すると戻りませんし、
元の状態より弱まってしまいます。

先ほどのようなスポーツや
筋トレでぐっと力を入れたりする方には
スポーツ用マウスピース。
夜に歯ぎしりをしてしまう方には
夜用のマウスピースがあります。

スポーツ用マウスピースは
つけることで瞬発的な食いしばりから歯や
口の内部、顎を守るためにつけます。
夜用のマウスピースは
夜間の持続的な歯ぎしりや
食いしばりから歯を守るものです。

どちらのマウスピースも
よしだ歯科クリニックでは
「自分の歯にぴったりのオーダーメイド」
で作ることができます。

作るためには初回で型取りをし、
そこから7~10日ほどで受け渡し。
後日、フィットしているかの調整日があり
違和感なく使えているか確認します。

よしだ歯科クリニックに通っていただいている
高校生も最近オーダーメイドで作らせていただき、
何と全国大会に出場という活躍もしてくれました。
頑張りが実り、自分ごとのようにとても嬉しく感じます。

マウスピースに関しましては、
ご相談や聞きたいことがあれば
どうぞお気軽にお声がけください。

関連記事

  1. スタッフとも長いお付き合いを

  2. 治療で泣いているお子さんこそ、たくましく成長する その1

  3. 歯の色が灰色だったコンプレックス

  4. 往診に行っています。

  5. 節分の思い出

  6. 「普通」って、何だろう?

PAGE TOP